title
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 検索

 高度な検索
 メインメニュー
 アクセスカウンター
2018/04/26:152/425
2018/04/25:213/605

2018/04/12より2347/15894
 人気Browser&OS
No.1:Windows NT479
No.2:Macintosh68
No.3:Unknown OS63

No.1:Safari429
No.2:Firefox198
No.3:どっかの巡回ロボット51

日曜日からの合計
 人気モジュール
No.1: カレンダー 798
No.2: フォーラム 671
No.3: ニュース 215
日曜日からの合計
メイン
   02.雑談ラウンジ
     哲学
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
jpcactus
投稿日時: 2016-9-16 0:50
半人前
登録日: 2016-6-21
居住地:
投稿: 27
哲学
総合科目の哲学のテキストを読んでいますが、さっぱり理解できません。どうやら数学+物理学+論理学の知識を前提としているようですね。

テキストの所々に出てくる問いも全く答えられません。

手始めに「いちばんやさしい哲学の本」というのを読んでから、参考文献としてあげられている「ロボットの心」や「知識の哲学」(これも難しかったです)を読んでウォームアップしたつもりが、いざテキストを開いてみたら難しすぎてくじけそうです。

みなさんはどうやって哲学を勉強されたのでしょうか?
Ivy
投稿日時: 2016-9-16 10:41
一人前
登録日: 2007-2-25
居住地: 東北の雪ん中
投稿: 147
Re: 哲学
挫折組です!

なので、有意義なアドバイスはできかねますが、まずテキストの漢字が読めない、その漢字の意味が分からないレベルなのに取り組もうとした次第です。

テキストする前に、イースクで哲学があります。たまたまイースクが開始するにあたり、webでうまく視聴者に展開できるかのお試しシステムのモニターに当たり、評価関係なく哲学を受講しました。なので、形だけの提出レポートは良い評価を頂きました。多分、これは内容に対する評価ではなく、提出していただくことにより、システムがちゃんと動きました、ご協力ありがとうございます!ということに対する評価だと思います。

このモニターイースクにより、漢字が読めた。漢字の意味が分かった。哲学とはどんな学問なのか、と言うことがわかりました。文字から入るのも良いですが、イースクで哲学を取るのも良いかもしれません。イースクだと何度も巻き戻しできるので、理解できないところは何度も聞き直しができます。ただ、その分巻き戻しした時間だけ時間が倍増します。

挫折組のアドバイスでした!
検討を祈ります!
jpcactus
投稿日時: 2016-9-20 13:58
半人前
登録日: 2016-6-21
居住地:
投稿: 27
Re: 哲学
コメントありがとうございます。

Eスクがあるのですね。そちらを先に受講するべきでした。

日本語で書かれているのでじっくり読めば理解できるだろうと思っていましたが甘かったです。

試験まで1ヶ月をきってしまったので今回はギブアップかもしれません。
投稿日時: 2016-10-16 10:10
長老
登録日: 2007-5-1
居住地: 東京のはしっこ
投稿: 316
Re: 哲学
お疲れ様です。

哲学、履修済チームです!(`・ω・´)

くわしくじっくり哲学を勉強していないので、科目として履修した程度の私の場合の勉強方法はこんな感じでした。(哲学?なにそれ、おいしいの?レベルです)

1.テキストを読むと挫折しそうだったので、まずは「ソフィーの世界」とか「図解雑学 哲学」あたりで、へー哲学ってこーゆーこと考えるんや〜とぼんやりなるほどなーとか思う
2.レポ課題に関係するところを、「初心者用」とか「入門編」で探す
3.とりあえずレポ出す
4.講評で指摘されたところをもうちょっと詳しい参考文献でよく読む
5.レポ出す

みたいな感じで終わりました。(アッ!テキスト、そういや読んでない・・・)

試験、って事はレポート終わってるって事ですかな?
試験はたしか、持ち込み可じゃなかったっけ?今は不可?
持ち込み可なら、特にあんまり準備しなくても試験は通る気がします。
なんとなく、コレまでの経験からレポート難しいの、試験が簡単って科目な気がする。哲学とか論理学とか。

論理学、もうおわりたーい。
試験、超簡単なんだけど、レポートがなぁ・・・
jpcactus
投稿日時: 2016-10-19 17:53
半人前
登録日: 2016-6-21
居住地:
投稿: 27
Re: 哲学
履修済みなんですね。凄いです。

レポートは何とか書きましたが、難しかったです。受かる自信がありません。

哲学は参考文献3冊読んでテキストも通読してかなりの時間とエネルギーを費やしたので一応試験受けました。持ち込み可なので色々持ち込みましたが、どれも役に立たず。。。こちらも自信がありません。

論理学は昔やりました。試験はうかっていたのですがレポートは5回落ちてしまい、再提出レポートを夜中タクシーを飛ばして中央郵便局に行きましたが3分遅れてしまい提出できず4単位が流れてしまった苦い記憶があります。
misamisa
投稿日時: 2017-3-20 20:40
新米
登録日: 2016-4-28
居住地:
投稿: 19
Re: 哲学
>jpcactusさん

哲学、10月の試験如何でしたか?
私も同じ回受けました。
試験問題に恵まれて何とか試験は受かりました。

レポートがちんぷんかんぷんで、不合格になってたのですが、
参考文献を追加して書き直しました。
ただ今レポの添削待ちです お願い4単位!
~~\(゚-゚*)バサッ(*゚-゚)/~~ バサッ

始めえらいこっちゃと思ったのですが、
やり始めたら面白くなったので、
春からEスクの哲学も受けます。( ̄ー+ ̄)ニヤリッ
哲学、はまってるかもです。
やっか
投稿日時: 2017-3-22 8:44
長老
登録日: 2007-3-29
居住地:
投稿: 444
Re: 哲学
引用:

misamisaさんは書きました:
>始めえらいこっちゃと思ったのですが、
>やり始めたら面白くなったので、
>春からEスクの哲学も受けます。( ̄ー+ ̄)ニヤリッ

おおー、いいですね💛
そういう横っ飛びの楽しさが、大学の勉強の面白さでもありますね( ´艸`)。
レポート、今度は受かりますように(祈

私も、文3で初めてのちに経済に横っ飛びしたのですが、文学部系の科目履修は楽しかったです。哲学もちんぷんかんぷんながら結構楽しく、文学もそれ系の本を選んでレポートを書きました。単位がとれたので、それっきりになってしまいましたが、どちらも「もうすこしココを深く掘り下げて・・・」といった評価をいただき理解したのかしてないのかわからないようなところでしたので、目の前の山を越えたらもう一度向き合ってみたいです。
shinchan
投稿日時: 2018-1-19 11:46
長老
登録日: 2009-4-14
居住地: 埼玉県
投稿: 202
Re: 哲学
>yanさん

哲学スレ、上げておきました。
ここに書いてくださいなw

しんちゃん(法)
yan
投稿日時: 2018-1-20 18:31
常連
登録日: 2010-1-28
居住地: 東京都
投稿: 46
Re: 哲学
shinchan、みなさん、こんばんは。

これまでのレスを読んでいると、私の考えているものとはだいぶ違うので、参考にならないかもしれませんが、あしからず。

さて、哲学ってなんだろう?
わたしは考えることだとおもいます。
しかし、通信の(だけではないかもしれないですが)哲学は、いわゆる哲学史なのではないのかなぁと思います。
でも、先人の考えたことを読むという行為も、思索の一助になると思います。
とりあえず、いまはここまでで。
yanより

shinchan
投稿日時: 2018-2-27 11:23
長老
登録日: 2009-4-14
居住地: 埼玉県
投稿: 202
Re: 哲学
哲学のスレがぜんぜん延びないんで、ボクの哲学観を書きますねぇ。

まあ哲学の視点は、古い時代(ギリシア〜ルネサンス以前)は世界がどのように構成されているかという世界の成り立ちを記述することに主眼が置かれていたように思います。つまり、形而上学ね。
まあ例えばプラトンとかはイデアというひな形(机のイデア、自由のイデアとか)があって、そのひな形から具現化したものが世界だととらえていますよね。
世界には法則とか論理があって、それを解明するのが哲学だ、という視点。
これが中世になると、宗教とつながって、特にキリスト教世界やイスラム世界においては、神の創った世界観がどのように実世界に投射されているかを解明する(説明する)活動になってきました。

それがルネサンス以降になると主観が発見され、とりわけカントぐらいからは自分が見えている世界(主観)と、いまそこにある世界(客観)がどのようにリンクしているのか、という視点に変化していきました。
そうして生まれるのは主観客観問題(主観と客観の分裂)です。

この主観客観問題に対して近現代哲学においては、客観性があると思われる事象も実は主観を通して見ている視点である、という立場から、主観がどうして世界を客観視できるのか、という関心へシフトしていきます。この主観による世界の客観性の信頼の過程をうまく説明したのが、現象学の創始者フッサールだったりします。
彼は人間が「自分の外に客観的世界がたしかにある」と妥当するプロセスを検証しました。この考え方がいまの哲学の根底にあります。
自らが感じた世界の中に、自分の他の主観(他者)を見いだし、その他者による承認(同じ世界が見えているという実感)が、客観世界の存在を補強し信じるに足るようになる、とい説明です。

まあダラダラと書いてしまいましたが、これがボクの哲学史(特に西洋哲学史)の見方です。だいたいあってるんじゃないかど思うけどどうでしょう?
yan
投稿日時: 2018-3-14 20:11
常連
登録日: 2010-1-28
居住地: 東京都
投稿: 46
Re: 哲学
こんばんは。

さて、えーとフッサールの考えですが、それではもし、世界に自分ひとりしかいない場合(こんな前提は成り立たないかもしれませんが)は、どうなるんでしょうか?そしてもうひとつ、その承認(実感)を信じたからこそこの世界は、客観的に在るということにならないでしょうか?
みなさんは、どう思いますか?

yanより
shinchan
投稿日時: 2018-4-3 12:24
長老
登録日: 2009-4-14
居住地: 埼玉県
投稿: 202
Re: 哲学
フッサールの間主観性の問題ですが、間主観性はリアルの補強につながるだけで、たぶん他者がいない場合でもリアルを実感することは可能だとおもいます。
それは、自分の意に合わない感覚が自分に襲ってくるからです。
例えば、火を触れば熱いし、やけどをします。
もし自分の外側に世界がなくてそれが妄想であるならば火を触っても熱くもないしやけどもしないかもしれません。
しかし、実際には火を触れば熱いしやけどをする。
この経験から少なくとも自分の妄想ではない客観的な世界が自分の外側に存在することを主観は感じると思います。
これがまさに客観世界のリアリティであると思います。
このひとつの主観だけでも感じるリアルさを補強する存在としての他者(他の主観)があると思います。

しんちゃん(法)
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
Powered by Nifty-Keiyukai © 1995-2018 Nifty-Keiyukai