title
 ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
 検索

 高度な検索
 メインメニュー
 アクセスカウンター
2019/07/20:35/106
2019/07/19:288/641

2018/04/12より34451/592790
 人気Browser&OS
No.1:Windows NT949
No.2:巡回ロボット183
No.3:Unknown OS41

No.1:Safari883
No.2:どっかの巡回ロボット168
No.3:Firefox114

日曜日からの合計
 人気モジュール
No.1: フォーラム 574
No.2: ニュース 285
No.3: カレンダー 112
日曜日からの合計
メイン
   02.雑談ラウンジ
     2006年の夏スクを振り返って
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
tina
投稿日時: 2007-4-28 7:41
長老
登録日: 2007-2-25
居住地: 東京多摩地区
投稿: 562
2006年の夏スクを振り返って
(旧掲示板より転載)

01: 名前:Kafka 投稿日:2006/09/11(月) 17:43
2006年の夏スクも終わり、普段の生活リズムを徐々に
取り戻しつつありますが、来年以降のスクーリングも視野にいれて、
それぞれの授業を振り返って情報交換しましょう。
_______________________________________

科目名:
担当者:
授業難易度:
授業内容:
テキスト:
テスト:
_______________________________________

授業難易度は3を真面目に聞いて、ノートを取れば余裕、くらいで
5は予習・復習を毎日必死でやらないといけない、くらいです。

授業内容は簡単な授業の内容の説明、テキスト科目への応用が
できるか、授業の平常点・出席点、等何でもいいです。

テキストは購入若しくは授業で配布をお願いします。

テストは持ち込みの可否、出題形式などをお願いします。
(問題そのものズバリは禁止とします)


一人だけの意見では主観的になりがちなので同じ科目で何人の人が
レヴューしてもいいと思います。あと書く内容も解る範囲でいいと思います。
tina
投稿日時: 2007-4-28 9:09
長老
登録日: 2007-2-25
居住地: 東京多摩地区
投稿: 562
Re: 2006年の夏スクを振り返って
(旧掲示板より転載)

02: 名前:Kafka 投稿日:2006/09/11(月) 17:49
僕の場合を書いておきます。
_______________________________________
科目名:文学B
担当者:柴田陽弘
授業難易度:2
授業内容:シンデレラをモチーフとした映画を見て演出やストーリーを
ややアカデミックに解釈していきます。13コマのウチ8コマくらいは映画鑑賞でした。
出席もきっちりとって平常点とするそうです。
テキスト:柴田先生の著作『恋の研究』3700円 授業でプリント多数
テスト:教科書、ノート持ち込み可、論述形式で4題で結構時間ギリギリです。___________________________________

03: 名前:Kafka 投稿日:2006/09/11(月) 17:53
_______________________________________
科目名:経営学
担当者:榊原研互
授業難易度:4
授業内容:企業形態とその活動を学ぶ。去年話題になったTOB等も
詳しく学ぶ出席は取らないので出席点は無しです。
テキスト:授業の最初にプリントの束
テスト:持ち込み可 論述で2題
_______________________________________


04: 名前:Kafka 投稿日:2006/09/11(月) 17:59
_______________________________________
科目名:政治学
担当者:森正
授業難易度:4
授業内容:選挙投票を通じて有権者と政治家の関係を研究、数式も
ほんの少しだけど出てきます。図や表を多く見るので統計学をやってると
理解の助けになると思われます。テキストの政治学とは大分外れます。
テキスト:最初の授業でパワーポイントで作成されたテキストを配布、小林良彰『現代日本の政治過程』
テスト:9題中4題を選択して論述回答、持ち込みはテキスト、ノートのみ可
_______________________________________

05: 名前:Revolution 投稿日:2006/09/11(月) 21:51
_______________________________________
科目名:社会科学特論
担当者:畑本裕介
授業難易度:3
授業内容:社会科学と言われる領域について、様々な論者の主義・主張を考察しながら、考え方を学びます。      
                時事問題を積極的に取り上げてくれました。出席重視、前出席でC確定。
テキスト:毎回の授業でプリント配布。
テスト:事前告知。「真理」もしくは「自由」に関してあなたの思うところを、講義の内容をふまえて論じなさい。
          (1000字以上) 持ち込み可、あらかじめ解答を用意する。
_______________________________________

06: 名前:HISATO 投稿日:2006/09/11(月) 23:43
_______________________________________
科目名:天文学
担当者:表實
授業難易度:3
授業内容:出席は毎回出席表記入。
担当が物理学の先生なので、物理学的な内容が多かったです。
法則や公式がいくつも出てきました。ネットから天体写真が撮れる望遠鏡の写真なども見せていただきました。
テキスト:なし。ハンドアウトもなし。ノートが頼りです。
テスト:持込可。論述2題。ノートの内容を理解していれば書けます。
_______________________________________

07: 名前:Kafka 投稿日:2006/09/12(火) 21:43
Revolutionさん、HISATOさん 情報ありがとうございます。
畑本先生素敵だなぁ・・・。

今年の夏スクでお会いした方の内、何名かの方から
「テキストが難解だったり、広範囲だったりして大変そうな時は夏スクで
理解・レポートの助けにするといい」と伺いました。

僕の場合(経済学部)だと【経済原論】がズバリそれ、必修・難解・終わらない長さ
と三拍子揃った好敵手。電話帳を1ページ目から順に暗記といったイメージです。

来年の夏スクの一教科目は確定ですが、他にも「この教科が〜〜でよかった」
とか「この教科を取ると○○(教科)が解りやすい」、「この先生は字が小さい」等々
気がついたことがあったら何でも教えてください。

08: 名前:Kafka 投稿日:2006/09/12(火) 22:07
他のスレッドでも書きましたが、今年の夏に気がついた事を一点
授業で使う『購入テキスト』です。

スクーリング参加者はご存知だと思いますが、たった1週間(100分×13回)の授業
では購入したテキスト一冊を網羅できません。(多くやれて60pと思いました)
専門書は高価なモノも多く、二度と読み返さない本を買うのは大変です。

実はこの夏スクで使うテキストは日吉の図書館の1Fの教科書コーナーに
全て揃っています。教科書コーナーの本は貸し出し禁止ですが図書館内で
コピーすることはできます。更に他階に貸し出し可能なモノがあることもあります。
夏スク参加者には図書館利用カードが配布されるので、上手く利用したいです。
ちなみに日吉で1期・2期に借りて、3期に三田で返却もできます。

但し、僕は以下の三点の場合は買うべきだと考えます。

・これからも自分の勉強に役立つ
・授業の担当の先生の著作の場合
・本の1/2以上をコピーしなくてはならない場合

1点目・・・説明の必要はないと思います。
2点目・・・半学半教とは福沢先生の言葉ですが、非常に暑い中無報酬で授業を
      してくださる先生の本は買って読むべきだと思います。
3点目・・・これは著作権の問題です。大抵の授業はどこを学ぶかはっきりしてます。
      コピーがあまりに広範囲に及ぶ場合は買いましょう。

長文になってしまいましたが、夏スクを振り返って思ったことです。

tina
投稿日時: 2007-4-28 9:10
長老
登録日: 2007-2-25
居住地: 東京多摩地区
投稿: 562
Re: 2006年の夏スクを振り返って
(旧掲示板より転載)

09: 名前:EMMA 投稿日:2006/09/12(火) 22:32
わたしも畑本先生の社会科学特論受けました。
個人的には大変面白い授業でした。
かなり人文よりの社会科学って感じでしたね。
内容的そのものは少し高度だと思います。
まったくこの辺りに触れたことがない人なら結構難しいのでは?と。
でも、先生の語り口が良く、冗長ながらも深い感じでした。

_______________________________________
科目名:西洋美術史
担当者:出先生
難易度:3
授業内容:フィレンツェのルネッサンス美術の作品の制作背景などをスライドとプリントを
交えて講義。 出席は取らない。
テキスト:プリント
テスト:持ちこみ不可、授業で扱った作品5つから1つ選択で、どれから選ぶかは前もって
知らせるが、知るところを述べよ、って感じの形式でなく、どれを選ぶかによって問われてる答えや、
論じる点が異なっていて、それに沿った回答をしないといけない(問題自体はテストまで分からない)。

・・・しかし、「西洋美術史」、っていうとイタリアのルネッサンスばかりなのは気のせい?
_______________________________________

10: 名前:くうすけ 投稿日:2006/09/12(火) 23:08
kafkaさんの経済原論のコメントについて。

以前、この掲示板にも書いたのですが、
私は総合科目の経済学のスクを受け、その次、西先生の
夏スクを受けてから、レポを書きました。
原論のレポ課題が夏スクで受けたところだったので、
授業を思い出す感じで書けました。(3年前の話ですが)
テキストではいきなり式や図が出てきますけれども、
スクでは具体的な説明を交えて、式やグラフをはじめから
黒板に書いていくので、考え方の手順がわかり、理解が早まる
と思います。
ただし、限られた日数でやるため、スピードは速かったです。
難易度は3or4かな?(あくまで私見ですが)

科目試験は、問題自体はさほど難しくないと思いますが、
何しろ範囲が広い!
なので、運に頼る部分があると思います。
初回・終回とも2問ずつ出たので、幅広くやっておくことが
必要と感じました。

以上、今年の夏スクの評価でなくてすみません。
私が受けた授業は別途UPします。
がんばって下さい。

11: 名前:エリイ 投稿日:2006/09/13(水) 0233
______________________________________
科目名:音楽
担当者:西川尚生
授業難易度:3
授業内容:モーツアルトの生涯と作品について
テキスト:『モーツアルト』 by西川尚生
テスト:テキストと自筆のノートのみ持ち込み可

出席はとりません。私は体育スク中の怪我でテストは受けられませんでしたので、
どなたか他に受けられた方いらっしゃいましたら
テストに関しての付けたしお願いします。
因みに怪我でテストを受けられなかった私の場合は、
【モーツアルトのバッハ・ヘンデル体験の経緯と作品】に
関するレポート提出が単位習得の条件となりました。
授業は楽譜をみながらの音楽鑑賞もあり、
楽譜の知識を少し必要とするものの、全く分からない人でも
なんとかなると思います。
_______________________________________

12: 名前:ハマー@法学部甲類 投稿日:2006/10/04(水) 12:36
ハマーです。
_______________________________________
科目名:行政法
担当者:友岡史仁先生
授業難易度:4(ノートを克明にとり、テキストを復習すれば情報的には十分だが、まとめるためには参考書による補足が必要)
授業内容:テキスト及び板書でトピックの解説/出席はとりません
テキスト:原田尚彦「行政法要論」購入、判例無六法(情報公開法、個人情報保護法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法等が載っていること)、初日に配布のレジュメ1枚
テスト:論述式数問(講義中に予告有)
備考:通信科目とテキストが共通なのでオススメ。但し、憲法、法学、訴訟法(基礎)、行政に関する一般知識がないとツライ。できれば行政法2とセットで。
_______________________________________

13: 名前:ハマー@法学部甲類 投稿日:2006/10/04(水) 12:36
ハマーです。
______________________________________
科目名:行政法2(救済法)
担当者:友岡史仁先生
授業難易度:4(ノートを克明にとり、テキストを復習すれば情報的には十分だが、まとめるためには参考書による補足が必要)
授業内容:テキスト及び板書でトピックの解説/出席はとりません
テキスト:原田尚彦「行政法要論」購入(行政法と共通)、判例無六法(情報公開法、個人情報保護法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法等が載っていること)、初日に配布のレジュメ1枚
テスト:論述式数問(講義中に予告有)
備考:通信科目とテキストが共通なのでオススメ。但し、憲法、法学、訴訟法(基礎)、行政に関する一般知識がないとツライ。できれば行政法とセットで。
_______________________________________

14: 名前:まーちゃん 投稿日:2006/10/05(木) 08:45
_______________________________________
科目名:日本史
担当者:長谷山先生
授業難易度:4(とにかく訳が分からない。講義後連日図書館にこもり、現代日本語で書かれている歴史書を読みあさらないとついていけませんでした)
授業内容:まるで漢文の授業のよう。先生の板書される漢字をいちいちノートに取っていては、解説に追いつきません。私は板書をノートすることは初日で諦め、もっぱら先生の解説を聞き書きしましたが正解でした。中にはテープレコーダーで授業を録音されている方も結構いましたが、無意味だと思います。
テキスト:プリント配布
テスト:論述式2問(注:出席は取らず、試験がすべてだとおっしゃっていました)
_______________________________________

15: 名前:まーちゃん 投稿日:2006/10/05(木) 18:51
上記テストは、すべての資料(配布プリント・参考文献・それ以外の文献・ノート)持込可です。

16: 名前:なち 投稿日:2006/10/06(金) 10:39
久しぶりに投稿させていただきます。
ワタシにも提供できるネタがやっと見つかりました(^^;
_______________________________________
科目名:歴史(東洋史)
担当者:山本英史
授業難易度:2
授業内容:19世紀〜現在にかけての「中国の伝統と挫折と迷走」がキーワード。
 山本先生の「聞かせる」「関心を持たせる」話し方はとても分かりやすく、自身の中国留学時の失敗談なども交えた興味深い授業でした。
 配布プリントを見ながら講義・説明をするスタイルで、参考テキストは使いませんでした。
 プリントは写真や図版が多く、授業内容に関する説明などは一切書かれていません。簡単な板書はされますが、ノートする際は自分で補足していかないと後から見直しても意味不明な部分が多いと思います。
テキスト:東洋史概説II-中国史-(通信テキスト)
 授業では使わないが、事前に通読しておけばより理解を深められる(はず)。
テスト:論述1問。
 授業を受けて自分の感想を記述するだけ。
 持込可ですが、特に必要ありませんでした。
 先生曰く「答案を出してくれれば単位あげます。でも白紙じゃ寂しいので何か書いてね」(笑)
その他:出席は取らず、途中10分間の休憩あり。


本当に感想を書いただけですが、きちんとAいただけました!
授業は「東洋史概説II-中国史-」にも通じているので、こちらの単位取得にもあやかれるかも??
_______________________________________

tina
投稿日時: 2007-4-28 9:11
長老
登録日: 2007-2-25
居住地: 東京多摩地区
投稿: 562
Re: 2006年の夏スクを振り返って
17: 名前:tetu 投稿日:2006/10/06(金) 16:25
ところで皆さん、 僕以外にスクーリングで落とされた方は
どなたかいらっしゃい
ますでしょうか?

18: 名前:micia 投稿日:2006/10/07(土) 06:09
tetuさん。
私も1つ落としてしまいました。
試験直後から予想はしていたものの、来年受けなおしはきついです。

19: 名前:tetu 投稿日:2006/10/07(土) 12:28
miciaさん、受講された
科目は何ですか?
僕は論理学と統計学
両方落とされました。

20: 名前:tina 投稿日:2007/04/21(土) 08:45
もうすぐ夏スク資料が届くと思いますので、あげておきます。
まだ書いていない人、今年の選択の参考になりますので良かったら書いてくださいネ〜。
(って自分もでした。すみません・・)
スレッドをたててくださったKafkaさん、ありがとうございます。

21: 名前:tina 投稿日:2007/04/21(土) 18:59
_______________________________________
科目名:情報処理
担当者:中西はるみ
授業難易度:5(個人の経験によって違う)
授業内容:基本的にワードの操作などは理解しているという所から始まり、Excelの表計算やグラフ作成の例題数題、Power Pointのスライドを作成し、最終日の試験以外に1週間後に宿題としてホームページのアップロードと共に提出。
授業の速度は早め。次から次へとサクサク進められ、統計を理解してなかった私は涙目でスリルとサスペンスの濃い1週間となりました。
ホームページのアップロード&Power Pointの課題は2週目の試験日と重なり、徹夜になりました。
テキストは、ほぼ必要なかったように思います。私の場合は表計算やグラフ作成などのHow to 本が役にたったと思います。(今年は講師の方が違うので、また内容が違うかもしれません。PCの得意な優しいお友だちと受講されると良いかも。(^_^;)
_______________________________________

22: 名前:クマアン 投稿日:2007/04/22(日) 12:14
_______________________________________
科目名:英語学
担当者:橋本 功
テキスト:「英語史入門」
参考文献:「聖書の英語」
授業難易度:4(3?)
授業内容:
旧約聖書原典の言語であるヘブライ語の読み書きを”徹底的に”教えて下さいました。
ヘブライ語のアルファベットから始まり、それを使って自分の名前を書いて読んでみたり、
ヘブライ語で創世記を声に出して読んでみたりと、興味深い授業でしたが、
発音が違うとかなり突っ込まれるのでヒヤヒヤでした(^^ゞ。
旧約聖書の背景を知るためとはいえ、ヘブライ語に時間を取りすぎという気もしました。
テストは、教科書のみ持ち込み可で、”あんなにやった”ヘブライ語は出ませんでした・・・。
授業で説明された時代背景や事柄を頭に入れて、聖書解釈の説明が出来れば、
大丈夫だと思います。
受講上の要望に「語学力は問いません」とありますが、
読んで訳しながら授業が進行していくので、
この言葉をそのまま受け取って授業に臨むと、ビックリするかもしれません。
毎回マイクが(2本)回ってきて、ビクビクしながらの授業でした。
かなり熱く、勢いのある先生です。
難易度を4にしたのは、授業の緊張感などを含めたもので、
(3?)としたのは、評価はそれほど辛くなかったためです。
_______________________________________

23: 名前:tina 投稿日:2007/04/22(日) 20:11
クマアンさん
私も一番後ろで同じ授業を受けていました〜。(^-^)/
英語の歴史背景や欽定聖書の訳など内容は大変興味深かったのですが、先生が熱すぎ?始終怒鳴ってらっしゃるのが気になりました。(^_^;)
尚、後ろの席なのでマイクはあまり来ませんでした。

24: 名前:おから大臣 投稿日:2007/04/22(日) 21:23
_______________________________________
科目名:英語科教育法
担当者:奥村真司
テキスト、参考文献ナシ
難易度:1

内容
最初の4日間は講義+グループディスカッション
最後の3日間は1人20分の模擬授業。
出席者が30人と例年より多かったものだから、
模擬授業の機会が少なくてちょっと残念
とても優しい先生のため、模擬授業に対する先生の評価はナシ。
レポート課題や模擬授業の準備があったものの、そんなに忙しいってほどでもありませんでした。
_______________________________________
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を
 
Powered by Nifty-Keiyukai © 1995-2018 Nifty-Keiyukai